ID:9joa9f

2014年9月24日水曜日

川平冴夏さん著作「アマタザキ」Kindle版のご紹介

またまた嬉しい事がありました。Kindle自己出版~KDPの優しい手引き~を読んでくださった川平冴夏さんよりメッセージを頂きました。ご購入並びに読んで頂き本当にありがとうございました。

この場を借りてお礼申し上げるとともに、作品のご紹介をさせて頂きます。

「アマタザキ」 
長編ファンタジー小説 著者:川平冴夏 
-「日の出に連れられた先は、異世界と呼ばれる場所だった」-



===============================================
高校一年生の首藤愛里は、田舎の祖母の屋敷で謎の美女・ミレアと出会う。

ある日、天裁崎(あまたざき)を訪れた愛里は
二つの岩の隙間からのぼる朝日の光を浴びて異世界へとワープしてしまう。

ヤードという名の親切な青年から、そこが「カムイ界」であると教えてもらう。

時をおかずに、ジェセルス軍からあらぬ容疑をかけられる。
人望の厚いライズ中将とお調子者のイル二等兵が愛里を気にかけるものの、
圧倒的存在感を誇るジェセルス将軍は愛里の命を狙う方向へと動きだす。

炎や氷の呪力を操る兵士がいる中、
果たして愛里はジェセルス軍から逃げきり、元の世界へ帰還することができるのか。

異世界で芽生えてしまった愛里の淡い想いはどうなっていくのか。

次第に明らかになるそれぞれの過去、秘密、真実。

実在する景勝地をモデルにした長編ファンタジー小説。
※Amazonより引用
================================================
Amazonの作品紹介にも記載があるのですが、作品中で主人公が異世界へワープするきっかけとなった場所「天裁崎(あまたざき)」には実在するモデルがあり、宮城県南三陸町と石巻市の境目にある「神割崎(かみわりざき)」がモデルだそうです。ご存知の方はより一層作品を楽しめる事と思います。

Kindleをお持ちの方!Amazonでチェックして見てください。また、スマートフォン、アイフォンなどでも、KindleアプリをインストールすればKindle本の購入が可能です。

今は気軽に自分の力で本を出せる時代になりました。
電子書籍の自己出版に興味がある方、一度勉強してみはいかがでしょうか?

日本の自己出版作家が、もっと活躍する時代になると良いなと思っています。

↓役に立った!面白かったら押してね↓

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。