ID:9joa9f

2014年5月21日水曜日

片山被告「犯人は私です」パソコン遠隔操作事件に決着?

PC遠隔操作事件に決着か

片山被告が自供しました。
行方をくらましていたのは「自殺を考えていたから」だそうです。

記者会見の際は無実を主張していた彼でしたが、今度は一転して容疑を認めています。

片山被告の釈放後、真犯人からメールがありましたが、これは片山被告が送ったものだそうです。真犯人を装ったメールを送った際、送信に使用したスマートフォンを荒川河川敷に埋めているところを警察の捜査員に目撃されています。これが自供の決め手になったのでしょう。

釈放後、警察の捜査員にずっとマークされていたと考えられます。
真犯人を装ったメールを送ったのは、早く裁判を終了させて親を安心させたかったからだとか何とか・・・。

もし彼がメールを送らなかったらどうなっていたのでしょうか?
彼は無罪になっていたのでしょうか? 気になるところです。

警察の発表後、被告は19日から連絡が取れなくなっていましたが、同日夜弁護士に連絡をして「犯人は私です」と自供したとの事です。

彼の身柄は東京拘置所に移され、拘留され今後本格的に取調べが行われることでしょう。

少しでもインターネットに詳しければ、絶対に犯人と断定できないにも関わらず、強引に自供させ冤罪を生んでしまった警察でしたが、何とか面子を取り戻したといったところでしょうか。

もっとも真犯人、片山被告からのメールが無ければ冤罪で逮捕された人たちは永遠に犯罪者でしたね。たったのワンクリックで人生が狂うこともあるというのを、インターネットを利用している人たちは覚えておいた方が良いと思います。



ネットはまるでアンダーグラウンドのよう。
知識が無いまま利用しては足を踏み外すかもしれませんよ。

↓役に立った!面白かったら押してね↓

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。